top of page
  • ヤマミチ 田山祐智

薪ストーブの特許を出願(5年ぶり2回目)

今年実案化した薪ストーブの構造で特許を出願しました。


前回出願した内容はもう5年も前のアイディアなので、私の中ではすでに過去のもの。

住宅と同様、常にアップデートされていくのです。




出願したので、これで『PAT.P』の記号を付与することができるようになりました。

PATはパテント(特許)の意、その後のPはペンディング(保留)の意。


たまに商品パッケージなんかにこのPAT.Pの記号見るよね。

これ、出願しているだけで特許はまだ取れてはいないから注意ね。



それにしても今回も出願料で特許事務所に37万円支払いました。

マジで、回収する気がないと出せない金額です。

弁理士を使わず個人で出したければ出してみたらいいと思うけど、ほぼ必ず特許庁から実態審査の途中で拒絶してくるから、それに対して弁解と補正をする必要があります。

特許の世界は文言含めて異様に複雑怪奇なので、一般人にはかなり難しいと思う。



というわけで、ヤマミチオリジナル薪ストーブ「ARCRAY(アークレイ)」は、2023ver.よりこの形状を採用していきます。

Comments


カテゴリリスト
月別の投稿
bottom of page