[施工事例] 面白き事もなき小屋を面白く

「小屋」という響きを聞くと、機能面ではただの物置でしかありません。

ホームセンターへ行くと金属製の物置がお得な値段で売られています。


ですが、そんな物置がもし格好いい佇まいで庭に構えていたら、、、。

それはむしろ母家の風格すらも上げてしまうことにもなるのではないでしょうか。


小屋にはそんな可能性と魅力が詰まっています。



ヤマミチではこれまでにも何件か小屋の依頼を受けてきましたが、今回のお客さんもやはり「格好いい小屋」を望んでの相談でした。


使い方などの要望を聞いた上で、確認申請のいらない増築範囲で設計。

防火構造でしっかりと法律面もクリアしつつ、格好いい小屋を目指しました。




外壁は杉板を使って塗装仕上げ。

扉は観音開きにして、これも大工さんに造作してもらいました。



塗料はオリンピックマキシマムのソリッド。

選んでいただいた色は、

 壁:カパーヴェルデ

 扉:オックスフォードブラウン

という組み合わせで、良い塩梅の仕上げになったと思います。



また、電気を点けるため、母家の外部コンセントから配線を分岐して小屋に引っ張りました。

使う照明はLEDですので、容量的には全然問題ないですね。

なお配線は表しです。




では全体を通して写真をご覧ください。



カテゴリリスト
月別の投稿