施工事例

農村の一軒家を遮熱と薪ストーブでリフォーム

​駅前マンションから農村の一軒家へ移住するために中古住宅を購入したので、薪ストーブと併せてリフォームしたいというのが今回の依頼。

内部の方は大きく間取りを変えることなく、水回りの交換とロフト作成が主な内容になりました。

もともと別荘だったのか、断熱が考慮されていなく屋根に至っては下地そのまま。

屋根からの熱がダイレクトに入ってきて日中はとんでもない熱さでした。

断熱材を入れて天井に下地を組んで内装材を仕上げて…という通常パターンも考えましたが、今回は屋根に遮熱工法を取り入れることにしてみました。

高反射率の遮熱シートを既存屋根に貼り、その上から新しく屋根を重ね葺き。

​二重下地となることで空気層ができ、遮熱と断熱を組み合わせました。

​もともと木の内装の家だったので雰囲気は良く、主に断熱と薪ストーブがメインのリフォーム工事となりました。

20190613 09;59_016
20190613 10;00_026
20190613 10;00_028
20190613 10;01_036
20190626 14;14_106
20190628 20;20_166
20190706 12;40_200
20190730 09;03_244
20190801 11;03_254
20190802 12;10_261
20190802 12;10_265
20190802 12;10_266
20190802 12;10_267
20190802 15;28_268
20190802 18;29_281
20190804 16;30_297
20190804 23;32_301
20190804 23;33_304
20190804 23;34_313
20190804 23;35_314
20190805 14;05_315
20190805 14;56_322
20190806 18;28_355
20190806 18;29_360
20190806 18;29_361
20190808 11;23_373
20190809 12;32_385
20190811 16;57_393
20190813 10;07_394
20190813 10;08_396
20190813 10;32_401
20191210 10;32_409