MOKIストーブの改造(?)を試みる その3-3

【温度維持性能】  今日の夕食は実家で親と一緒に食べることになったので、MOKIストーブに太薪を2本くらい入れてから家を出ました。(17時15分頃) その後また家に帰ってから子供の世話などをして、一段落したところでストーブを確認してみました。(20時15分頃) つまり3時間経過した時の状態なのですが、炉内にはまだ赤みが見えており、火箸で掻き崩してみるとまだまだ熾火がたくさん残っていました。 本体温度は側面で約130℃、天板もばらつきはありますがおおむね100℃以上。 うちでは鋳物ストーブのトラビスのライデンも使っているので、感覚的にどちらの使い勝手もよく分かります。 その上でこの結果は、『鋳物と変わらん』です。 決して良い数字を出すために炉内に薪をがっつり詰め込んで限界まで給気を絞るような小賢しい真似はしてませんよ。 普通に使う燃やし方をして出たこの結果を、どう捉えるかはあなた次第。m9( ゚д゚)ビシッ *  * * *  * * *  * 日本の薪ストーブ業界に多い鋳物信者の方ならきっと、『それなら中に断熱材を仕込めばもっと長持ちするのに』と思わずにはいられないでしょう。 が、それは視点が違います。薪ストーブに必要なのはボディの表面温度(暖房性能)であって内部温度ではありません。 私はこの結果を得て、「鋼板製ストーブだったら鋳物のような分厚いボディも炉内の断熱材もいらないじゃん」て素直に思いました。 つまりは、「鋳物ストーブは無駄なコストアップの産物」 …とまでは言い過ぎか。 << 前の記事 次の記事 >>

MOKIストーブの改造(?)を試みる その3-2

改造後の様子。 新しく薪をくべたとき。 うちは薪にりんごの木を使っていて、最初は枝がメインです。 この写真は、焚き付けに火が回ったのでそのあとにりんごの小枝をどんどん投入したところ。 見て分かる通り、枝自体には火が回っておらず、これから燃え始めようというところです。 当然、熾火なんかまだ作られていません。 この写真を撮った後に外へ出て煙突を見に行ってみました。 煙が見えないんです。 煙突トップの背景に木があるので少しでも煙に色がついていれば目立つはずですが、目視できません。 ちなみに、この時の吸気口の絞り具合がこちら。 すでにここまで絞り込んでます。 まだ枝が本燃焼していないわ、給気は絞られてるわの悪条件なのに、煙が見えなくなるくらい二次燃焼がしっかり効いているんです。 * ** ** * 昨日の記事には書きませんでしたが、MOKIのMD80IIは、給気口の下半分を塞ぐと熾火がたくさん残りやすい半面、最後の燃え残りの消し炭も多く残ってしまいます。 これは、給気の風が直接当たらなくなってしまったために温度が上がらず、最後まで燃やしきることができなくなるためです。 そのことは今年MOKIを導入して間もない頃に既に分かっていたので、今回はあらかじめ対策をうっておきました。 こんな感じに、灰の中に耐火レンガを1ヶ埋めて置いておくことです。 理想では金属(ステンレス鋼が望ましい)を網目状にしたロストルを作って灰の中に埋めておけば効果的なはずなんですが、そこまでお金をかけるのももったいないので耐火レンガで代用しました。これでも十分利きます。 こういう蓄熱性の高い物を熾火の中に埋めておけば、

MOKIストーブの改造(?)を試みる その3

今回のブログは本来の予告通りならオリジナル薪ストーブの話になるはずだったのですが、その前に素晴らしい出来事があったのでこちらを先に報告です。 要点をかいつままないでぐだぐだと書いていきます。 私が住む岩手県の盛岡は、昨日の最低気温が-6.1℃、最高気温ですら-2.7℃という厳しい冷え込みでした。 なので、昨日の朝はMOKIをがっつり焚いてやろうと思い準備をしました。 焚き付けを組んで火を点けて眺めていたら、ふと、「…給気口を下半分塞いでみようか?」となぜか思い立ち、試しにれんがで塞いでみました。 ↑ちょっと隙間が空いてしまいましたが、レンガで給気口の下半分を塞いでみました そして扉を閉めると、ビュオーー!と勢いよく吸気音が聞こえます。 ・・・・・? この、「給気口の下半分を塞ぐ」というアレンジは前回のブログでも書いたとおり実験済みでしたが、それは茂木プレートがノーマルの時の話。 今のオリジナルプレートに換えてからは試していませんでしたので、今回は何か違いを感じます。 燃え方が緩くなっている割に、二次燃焼室の炎の色が早くも薄い。 焚き付けに火が回ったあとに細薪をたくさんくべてから、外に出て煙突を見に行ってみました。 まだ温度も上がらない段階での薪の大量投入ですので、普段であれば煙がモクモク見えているはずなのですが・・・ 煙が見えない! まじか!? まだ焚いて10分も経たないのにもう煙が見えなくなる? そのあと、中薪→太薪と続けてくべるごとに外へ見に行くのですがやはり煙が見えない。 あまりに信じられなくて煙突の向こう側に木がくる角度で見えるまで道路を歩いて見てみましたが(寒い!)、

タグ
月別の投稿
ログハウスとリフォームの
Brands by ヤマミチ建築設計事務所

〠020-0403

岩手県盛岡市乙部4地割44-1

 
TEL  019-696-3368
FAX  050-3730-9861
MAIL yama-michiあっとlive.jp
営業時間:10:00~17:00 定休日:毎週水曜日

2013 ©YAMAMICHI all rights reserved.