【MOKI】モキストーブの暖かさの仕組みを知る その2:燃焼

前回は本体の構造的な部分の説明でしたが、今回は、よく分かりにくいけどもみんなが気になる「燃え方」の部分に入っていきます。 わたし独自の見解ですので、メーカーや他の薪ストーブ屋さんには書かれていないことばかりになります。 さて、MOKIのストーブはメーカーの謳(うた)い文句を見ればわかる通り、燃焼方式は他のどのストーブにもない独特のもので、触媒も使わないし、二次エアーの吹き付け(クリーンバーン)も行われません。 それなのに、しっかりと二次燃焼を起こして燃焼温度を上げています。 この… ★ 触媒や二次エアーの吹き付けが無いのに二次燃焼を起こせる MOKIストーブの燃焼で一番の特徴はこれじゃないかと思っています。 薪ストーブ界の常識ではちょっと考えられません。でもしっかりと燃焼後の排気はクリーンになってる…。 そもそも「二次燃焼とは何か」を簡単に説明しますと、 物を燃やす時、ただ火をつけて自然に燃えている状態が一次燃焼です。 焚き始めのときなど、煙突からは煙が上がっているのが見えます。 (ちなみに触媒を付けた薪ストーブもバイパスダンパーを開けているときはこの一次燃焼の状態です) 煙の正体は細かい粒子(PM2.5とか!)ですので、煙が目に見えるということはまだ燃えカスが排気に混じっている証拠です。 そこへ… 煙に熱い空気が触れると、煙とかガスが自然発火してまた燃えだします。 これが二次燃焼です。 再燃焼した煙(粒子)が人の目ではほぼ見えなくなるほどにまでなるときれいに燃えた証と言えます。 だから皆、煙突から出る煙の色を気にするのです。 木が燃えて、その煙(ガス)をまた燃やす…。 より多

【MOKI】モキストーブの暖かさの仕組みを知る その1:炉内に蓄熱材が無いことのメリット

前回の日記に書いたとおり、今回からは技術的なところに入っていきたいと思います。 さて、MOKIの特徴は鋳物ストーブと違うのはもちろんとして、他の鋼板ストーブの構造とも違う独自の作りにあります。 その中でも… ★ 炉内に耐火レンガ等の蓄熱材が無い MOKIストーブの一番の特徴はこれじゃないかと思っています。 一般的に、薪ストーブの内部は耐火レンガやバーミキュライトといった鉱物で炉内を囲んでいて、ボディへのダメージ軽減や蓄熱効果を狙います。 鋳物のストーブの場合は特に重要で、こうした保護材が内側に無いと急激な温度変化を与えてしまい割れやすくなる恐れがありますので、保護と蓄熱、両方の面で鋳物と相性が良いのです。 我が家のトラビス:ライデン の内部。 三方と正面奥の二次燃焼ボックスはセラミックレンガで覆われている。 この蓄熱材ですが、鋼板ストーブの場合は鋳物と違って割れる恐れが無いので保護する必要はありません。 が、他社の鋼板ストーブでは蓄熱性の向上を狙ってか、やはり炉内に設置されていることが多いです。(一部安物を除き) でもMOKIストーブの炉内には耐火レンガ等の蓄熱材はありません。 蓄熱材には『温まりにくい』という、明らかな”デメリット”があります。 はじめに薪を焚き始めてから数十分間に発生する熱はすべてこの蓄熱材に奪われてしまって、ストーブ自体は温まらないからです。 そこがMOKIと他のストーブとの一番の差となって表れています。 ここで模式図を。 下の図は、鋳物ストーブの焚き始めのイメージ。 一方、MOKIストーブの焚き始めのイメージ。 鋳物ストーブは1時間くらいかけてボディの温

【MOKI】モキを一度使うと鋳物には戻れない

今日も結構冷える一日でしたね。 いつも、朝起きて一番にすることは薪ストーブに火を入れること。 お正月休みにMOKIを導入したので、現在我が家の中心には鋳物のトラビスと、鋼板のMOKIの2台の薪ストーブが設置されています。 普段は大体はMOKIの方を焚いていますが、たまには鋳物の方も焚いて違いを実感するようにしています。 で、今朝もなんとなく「久しぶりに鋳物の方を焚こうかな」と、トラビスのライデンの方に火をいれました。 その後、シャワーを浴びて朝ご飯を食べて掃除をして…と、1時間半ほど経過してその間にも薪を継続的にくべていたわけですが、、、 自分「なんか、家、暖かくなんないよね。」 妻「うん。もっとくべたら?」 誤解の無いようにしておきますが、実際にはある程度暖まっています。 一度外に出てから中に入るとほんわかと暖かい。本来これが普通。 まだ焚き始めて1時間半しか経っていないのでまだまだこれからが本調子になる所なのですが、どうも物足りなさを感じてしまいます。 その後10時から予定の来客があって、終わった11時ごろにはあらかた火も無くなっていたので、結局MOKIの方にも火を点け始めました。 12時ごろ… 妻「なんか暖かいなと思ったらMOKIに火ついてるし。」 新築から丸2年経ち、ずっと鋳物ストーブの暖かさに満足してきました。 やっぱり薪ストーブは暖かくて最高だな、って。 でも、MOKIを設置して1ヶ月、早くも価値観が大きく変わった。 『点け始めてから30分で1Fが十分暖まってくれる』 とか、 『薪の多少のコンディションは無視できるくらいの強火力』 とか、 『暖房(表面)温度の調整域

タグ
月別の投稿
ログハウスとリフォームの
Brands by ヤマミチ建築設計事務所

〠020-0403

岩手県盛岡市乙部4地割44-1

 
TEL  019-696-3368
FAX  050-3730-9861
MAIL yama-michiあっとlive.jp
営業時間:10:00~17:00 定休日:毎週水曜日

2013 ©YAMAMICHI all rights reserved.