ヤマミチが語るウッドデッキのお話し(材料編)

先日ちょうどウッドデッキを施工する現場があったので、ヤマミチ的にこだわっていることを少々語りたい。 工事記録の方にも少し書きましたが、とりあえずはその材料。 ヤマミチではウッドデッキに使う材料にはべいひばを使用します。 その点、住宅メーカーの作るウッドデッキは見たところ大体はべいつがの防腐加工材を土台に使い、SPFの防腐加工材をデッキ板に使っているのがほとんどでしょう。 で、この『べいつが(ヘムファー)』と『SPF(スプルース・パイン・ファー)』という材料、ツーバイに携わっている方ならよく耳にする木材で、2×4工法の家の場合、構造材として必ずこれらが使われています。(ダグラスファーを使っている会社は盛岡近辺にはないのでは?) これらの材料は構造材としてみた場合は粘りがあって加工しやすくていいのですが、外に晒される部分にはそのままでは絶対に使用しません。 理由は単純に、濡れに弱く腐りやすいからです。 ここで、フラット35の技術基準から、材料の樹種選定に関する記述を下に添付します。 この表を見てわかる通り、「べいつが」は数ある木材の中でも特に耐腐朽性&耐防蟻性に弱い材料であることが分かります。(逆に「べいひば」は最高ランク) この表にはありませんが、SPFもべいつが同様、腐れに相当弱い材木です。 ちなみに、べいつがと同じ区分に あかまつ もいますね。 木材に詳しくない人だと、『杉は軽くて弱いけど松は油っ気があるから外に使っても強い』と知ったかぶる方もいますが、実は逆で、杉という木は言うほど雨に弱くなくて、昔の日本建築だと外壁の下見板にもよく使われていたりしました。 さて、話を戻しま

タグ
月別の投稿
ログハウスとリフォームの
Brands by ヤマミチ建築設計事務所

〠020-0403

岩手県盛岡市乙部4地割44-1

 
TEL  019-696-3368
FAX  050-3730-9861
MAIL yama-michiあっとlive.jp
営業時間:10:00~17:00 定休日:毎週水曜日

2013 ©YAMAMICHI all rights reserved.